株式会社スターワークスのグループ会社と特徴

スターワークスグループは、横浜に本部を置き全国へ事業展開する会社です。全国の主要地域にはグループ会社を置いており、本部から離れた地域でも、それぞれ地域密着型で事業を行っているようです。スターワークスのグループ会社それぞれには、どのような特徴が見られるのでしょうか。

スターワークスのグループ会社一覧

まず一つが、東日本スターワークスです。宮城県仙台市青葉区中央 1-2-3 仙台マークワン19Fに位置しており、東日本エリアの拠点となっています。設立は平成16年で、多岐に亘る事業展開が特徴的です。

次に、関東スターワークスをご紹介します。住所は神奈川県横浜市神奈川区栄町5-1 横浜クリエーションスクエア12Fとなっており、首都近郊という機能面の充実した環境で一帯をカバーしています。現在、首都圏を管轄する事業会社として中心的存在にあるようですが、設立は平成21年と東日本より少し後でもあります。

名古屋を中核とする東海地域は、愛知県名古屋市西区名駅2-28-1 フェニックスビル3Fに入るスターワークス東海が担っています。愛知県を中心に、東海・北陸を営業範囲としています。

最後に、西日本地域を管轄する西日本スターワークスです。西日本の主要エリアといえば関西が思い浮かぶかと思われますが、同社は福岡県福岡市早良区百道浜1-7-5 Mタワー14Fに位置しています。九州、中四国、関西それぞれに事業拠点を設け、各エリアの工業地域を網羅する営業ネットワークを有しています。

またその他にも、メイジン・ナミトという建設業界に強いグループ会社も宮城・名古屋にそれぞれ有しています。ただこれらはメイジングループとしてもくくられているため、今回は上記4社について特集しています。

各グループ会社の特徴

世界では小規模な島国と位置づけられる日本ですが、気候・風土ほか地域ごとに様々な特色があります。東日本・関東・東海・西日本それぞれのグループ会社では、地域の産業の特色に合わせた事業展開をおこなっています。例えば東日本なら、大手自動車関連メーカーの生産拠点や半導体・半導体製造装置・カメラ・医療機器といった、精密・光学機器系メーカーの拠点が多く見られ、そのような業種の派遣先を多く抱えています。関東なら、東京湾沿岸部や京浜工業地帯、内陸型工業団地といった工場密集地域に焦点を当て、プラント機器・情報通信機器・自動車・生産設備・装置開発などの案件が豊富です。東海はいわずとしれた自動車製造における日本を代表する拠点です。そのため中京工業地帯の自動車製造・輸送機器・重工業などの大型製造業に強いです。西日本では、前述の通り九州・中四国・関西に拠点を有するため、自動車・造船・半導体・産業用装置など、地域ごとに特色のある関連案件を豊富に有しています。

神奈川県に本部を置くスターワークスですが、エリアごとに特色豊かな案件が見られます。自分が住んでいるエリア、働きたいエリアに合わせて所属する会社を選ぶと良いでしょう。ただ、求人はプロジェクトごとに出されるようなので、応募した求人で所属が決まるケースの方が多いかもしれません。

グループ会社ごとのこだわり

それぞれの会社の特色は、地域に関連するものだけでもありません。各社が地域の本社機能を担っているため、それぞれでこだわり感じられる運営がおこなわれています。例えば東日本スターワークスなら、フレキシブルな設計体制によるものづくり支援を強みとしています。クライアント常駐における開発や、自社拠点での受託設計といったサービス双方が特に高いニーズを誇っているためです。また、新潟・北海道へも事業範囲を拡大し、対応可能エリアを広げています。

関東地域は、幅広い分野において多数のプロジェクトが集まるという土壌が特徴的です。そのためあらゆる分野、現場で活躍できるエンジニアを常に広く求めており、マンパワーの補充を待つクライアントへの営業展開に力を注いでいます。豊富な労働力をもとに産業集積が進む地域であり、大規模かつ迅速なものづくりを行ううえでアウトソーシング需要が高いです。スピードとクオリティーを強みとして、ニーズに応えています。

世界に誇る大手自動車会社やその関連会社などが密集する東海では、今後の更なる経済グローバル化による市場拡大も見据え、関連産業におけるネットワーク形成に力を注いでいます。環境面も重視し、快適かつ豊かな暮らしを支える技術の助けになる展開が目標です。

日本有数の工業地帯を擁する西日本では、新分野の開拓も常におこなわれています。そのため同社では、設計マンパワー補完のみならず、新規事業へのスペシャリスト派遣や生産部門における課題解決など、クライアントの課題に多面的に取り組んでいます。多岐に見られる依頼へ柔軟な対応を実現することで、クライアントへのさらなる貢献を目指しています。

グループ会社ごとの概要

まず東日本スターワークスですが、平成16年12月、資本金1000万円にて設立された会社です。主な事業はおおよそ各社共通しており、自動車エンジン部品設計、半導体・液晶パネル等製造装置設計、船舶・鉄道車両設計、プラント設計、情報家電・通信機器等製品設計、生産設備・省力化装置設計、LSI・IC開発〜評価・半導体プロセス技術、組込ソフトウェア開発・制御系システム設計、Webアプリケーションの開、業務システムの開発・保守・運用、ネットワーク構築・保守・運用といった内容になっています。またこれらに加え、付帯業務や広範な技術分野の受託設計、派遣もおこなっています。その他、自動化・省力化装置の構想〜製作、治工具・消耗部品製作、足こぎ車いすの技術支援および販売・普及支援へも注力しています。

関東スターワークスは、平成21年11月、資本金800万円で設立された会社です。事業内容については東日本とほぼ同等となっております。クライアント社数、求職者数ともに全国随一のエリアのため、プロジェクトと人材スキルマッチングによる就業機会の創出に特に力が注がれています。

スターワークス東海も平成21年11月、関東と同じく資本金800万円にて設立されました。大型製造業が豊富に見られるエリアということもあり、各技術分野の専門特化されたエンジニアリングチーム「task force」にて合理的な経営課題の解決と達成を目指し進化し続ける姿勢が特徴的です。

最後に西日本スターワークスですが、こちらも上記2社と同様の設立年、資本金にて誕生した会社です。地域の自動車・半導体・ロボットなどの産業団体に加盟しています。中四国、関西のネットワークも有しているようです。

グループ会社ごとの売り上げ

スターワークスグループにおける売り上げは、いずれも比較的安定していることが窺えます。細かい金額の発表は見当たらないようですが、展開する地域、取引先や創業来の経過を見ることにより察することができます。

例えば、東日本スターワークス創業よりわずか5年でグループ会社3社を設立し、現在に至るまで拡大が続けられている点です。たった5年で全国規模へと至ったわけですから、売り上げの順調さは容易に想像できます。特に東日本は、新潟、北海道をもカバーする大規模エリアの拠点となっています。サテライト拠点も数多く擁しており、エンジニアにとっても働きやすい環境を実現しています。

関東・東海に関しては、東日本・西日本と比べると範囲は各エリアの2分の1以下とかなりコンパクトです。ですが、前にも触れている通り、首都圏一帯における工業地域、自動車製造が盛んな中京工業地帯など、密度が高くそれぞれ豊富なクライアントを擁しています。そのため面積が狭いながら、関東・東海もまた売り上げの好調維持が窺えます。いずれの地域も、近い将来において縮小の心配はほとんどないといえるのではないでしょうか。

スターワークスの主要なグループ会社は、東日本・関東・東海・西日本に置かれた各エリアの拠点となる会社です。いずれの地域でも工業は盛んであるため、どの会社に属したとしても豊富な派遣先が期待できるでしょう。

スターワークス
http://www.star-w.com/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

最新投稿記事

  1. 徳永祐助は2005年に個人のデザイン事務所を設立して、いろいろな空間のデザインを提案しています。一般…
  2. 庭野仁司は、年齢が今年で20歳の熊本市出身の独身男性です。血液型はA型で、細かいことにかなりこだわり…
  3. 企業城下町と有名なこちらの都市には、全国的に有名な鉄鋼を扱う工場があります。こちらの町では、多くの人…

アーカイブ

ページ上部へ戻る